小型株投資の実践 あくまでもサテライトとして

投資方針・運用状況

はじめに

小型株投資の実践に関して、過去の損失事例を踏まえた上で、現状と今後の方針を紹介します。

過去に保有していた小型株での損失事例

私は、有望そうな企業を対象に、個別銘柄の投資を行ってきましたが、その中には、小型株(時価総額1,000億年未満)が含まれています。
2021~2022年に買付を行ったものの、損切りすることになった小型株個別銘柄は以下の通りです。

※あくまでも、私の損失事例であり、上記の銘柄への投資を否定するものではありません。

現在、保有している小型株の評価損益

2021~2022年に買付を行った銘柄のうち、酉島製作所は大きな含み益を発生しています。

酉島製作所に関して、下記の投稿で、銘柄選択の実践例を紹介していますので、よろしければ参照して下さい。

保有銘柄に対する小型株の比率

NISAでの保有銘柄に対する小型株個別銘柄の比率は、以下の通りです。
※時価総額2,000億円以上の銘柄を大型株に分類しています。

2022/12/30時点で、小型株個別銘柄の比率は8.6%です。(酉島製作所のみ)
2023/1/4、ユニバーサル園芸社を約定予定です。

今後の方針

全世界株式ETFと大型株個別銘柄をコアにしつつ、サテライトとして小型株個別銘柄をポートフォリオに組み入れる方針です。

個別銘柄リスクへの対応

個別銘柄リスクへの対応として、大型株/中小型株に関係なく、以下の手法を採用しています。
 ・各個別銘柄の保有比率をポートフォリオの10%以内に抑制
 ・単元未満株取引で少額投資

コメント